保護者の
みなさまへ

桜並木は2005年に教育後援会から寄付し、公募により「さくら径(みち)」と名づけられました。

ごあいさつ

主体的な学びの場に

堀井会長を始め、教育後援会の皆様方には、日頃から、追手門学院大学に対するご理解、ならびに学生に対する多大なるご支援、誠にありがとうございます。

最近では、それぞれのご自宅近くにあるコンビニから、卒業証明書など証明書が発行できるシステムの導入にご支援いただきました。これは、在学生はもとより卒業生、保護者にとっても大変便利なシステムとして高く評価していただけるものと確信しています。
本学は、2019年4月開校をめざす新キャンパスにおいて、学びあい、教えあいのキャッチコピーのもとで、学生の主体的な学びを展開し、教育力を高めて参ります。今年で、追手門学院大学の入学志願者数が6年連続の伸び達成。これも教育体制の充実が背景にあります。

みなさま、今後ともご支援のほど、よろしくお願いします。

学校法人 追手門学院 理事長  
追手門学院大学 学長   川 原 俊 明